スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 web拍手 by FC2
コンビニスイーツ日誌をご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。1クリックでこのブログに投票することができます。 応援していただければうれしいです(>_<)! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村ブログランキング・人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

危ないものには触らない、これが基本

またまた 釣りですよ
 
宿題とテスト勉強に追われている(はずだが、そんな気配すらない)娘は、家に居たいというのでお留守番
息子と夫と私の三人
 
しかし 今回はかなり海が濁ってて 全然釣れないの。
 
壊れた机?が流れてくるわ、死んだアオサギが流れてくるわ・・・
いろいろな物が流れてくる度、近くの小学生が騒ぐし。
 
夫はいつものように一人違う所で釣りを。
 
何も釣れないまま 数時間?  急に 夫が何か言いながらこっちにやってきたの
 
釣り糸に魚をぶらんぶらん下げながら なんか言ってる・・・
 
えっ? ちっこいガシラ???
 
と思っていたら、近くに持ってきて初めて分かったよ
 
夫は 「これってヤバイやつ? ヤバいやつ?」 と私に聞いていたらしい。
 
そう、初めて見たけど すぐに分かった
 
ハオコゼです。 そう ヤバイやつ
 
ちっこいガシラによく似ているけれど、釣られたことで興奮しているのか背びれをピーンと張っているの
背びれの形とか見ればすぐに分かると思う
 
夫の釣り糸にぶら下がっているのは、10㎝もない小さなハオコゼです。
「やっぱ、そうか~」なんて言いながら、針を外そうとする夫。
これがなかなか外れない (ハオコゼは針が外れにくい)
(底が厚い靴なら踏むこともできるが、夫はサンダルだった)
 
「そんな危ないことするぐらいなら、その大きなタオル使ったら? 」
「絶対刺されんといてよ」「もう針を外すのやめて糸を切ったら?」
↑ 私 一応 忠告したよ?
 
そしたら背びれに触れてしまったらしく・・・いきなり 「痛いっ」と大声
 
あっと思っていたら 大げさなぐらい血が流れているの!!
そして大げさなぐらい 「痛いっ痛いっ痛いっ痛いっ痛いっ痛いっ・・・」と連呼
 
仕方なく ハオコゼは針を外すことなく糸だけ切ったよ
 
刺されたところをよくよく見ると、穴は開いてない、どうやら 軽く刺さったか触れたのだろう
でも 嘘のように血が止まらないの。痛みも半端なく痛いようで、ずっと「痛い」としか言わない。
 
本当に痛いんだってさ (←他人事)  蜂に刺された時よりも痛いらしいよ
 
戦意消失の夫は 「コーヒー買ってくる・・・」と 痛む指を押さえてどこかに消えてしまう・・・
 
近くにいる釣り人は まぁ同情もしてくれないよ。だって 当たり前の事だもん
おっさんに「勉強になったやろ? ま、登竜門やな」 とさらっと言われてた
 
と、私も大して心配もしていないけれど、この一連の騒ぎで ハオコゼの写真を撮り忘れてたよ
 
あ~ぁ、写真だけでも撮ればよかったなぁ~、いやいや持って帰ればよかった・・と後悔です
 
さて、今回の釣果
 

たった これだけ
 
 

ハオコゼは このガシラに一見似ているけれど、背びれがまったく違います
 
この日は ハオコゼに刺されに行ったようなもんです
刺された指は軽く腫れてましたが、次の日の夕方にはかなり治ってましたよ
 
 
 
 
 
関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 web拍手 by FC2
コンビニスイーツ日誌をご覧いただきありがとうございました。
ランキングに参加しています。1クリックでこのブログに投票することができます。 応援していただければうれしいです(>_<)! ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村ブログランキング・人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


【スポンサードリンク】
応援お願いします(;。・`ω・。)
コンビニスイーツ情報が満載

▼ ▼ ▼

にほんブログ村 スイーツブログ コンビニスイーツへ
↑コンビニ情報満載!↑
もっとお菓子を知りたいなら

▼ ▼ ▼

お菓子・デザート ブログランキング
↑グルメ情報満載↑
今が旬のスイーツ記事は

▼ ▼ ▼

FC2ブログランキング
アンケート
リンク
お問い合わせフォーム
当ブログへの お問い合わせはこちらまで
RSSリンクの表示&TIMES
太らない砂糖”希少糖”を知ろう!
太らない砂糖「希少糖」はご存知ですか? 夢の砂糖と呼ばれ、最近注目を集めています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。